伝統工芸品の魅力

信越自然郷に残る伝統工芸

内山紙(木島平村・飯山市)

コウゾ(楮)のみを原料とし、通気性、通光性、保温力に優れた強靱な手漉きの内山紙。製造工程で雪にさらして自然に漂白することで、日焼けしにくく長持ちすることから障子紙の代名詞となっています。木島平村や飯山市などの奥信濃で製造が盛んになったのは、豪雪地帯の農家の冬季の副業に適していたことや、強靱な障子紙は需要が高く現金収入に結びついたこと、コウゾを雪にさらすために雪が役立ったことが挙げられます。時代の変化に伴い、多大な労力がかかる手漉き製造は生産効率が悪いとされ、少しずつ生産者が少なくなりながらも、残った生産者たちが350年余続く伝統を守っています。

内山紙

信州打刃物(信濃町)

約450年前の川中島合戦の際、武具や刀剣類の修理のために越後から信濃町に移住してきた鍛冶職人から里人が技術を習ったのが信州打刃物のはじまりといわれています。その技は農具や山林用具作りに生かされ、改良を加えながら伝承されました。信州打刃物の特徴は、鋼(ハガネ)部分が極めて薄く、切れ味がよく、使いやすくて耐久性に優れている点です。草が根元から刈れ、しかも刈り取った草が手元へ寄せられてくる効果をねらった「芝付け」加工や、刃を薄くしても手元が狂わないよう刃面を内側に湾曲させる「つり」加工など、独特の工夫もなされています。

信州打刃物

猫つぐら(栄村)

「つぐら」とは、その昔、農家で子守のために使われたお椀型のゆりかご。それを猫用に改良した「猫つぐら」は、保温性が高く通気性が良いため、夏は涼しく冬は暖かい猫の快適な住まいです。栄村では、明治時代に稲作とわら細工作りが始まりました。猫つぐらは大正時代には農家の間で作られていたといわれていて、時代を経て改良が重ねられ、現在のドーム型が一般的となりましたが、ほかにも円筒形などが見られます。昭和62(1987)年からは村の特産物として作られていて、現在は10数名の生産者がいるほか、村をあげて技を引き継ぐ講習会も開催されています。

猫つぐら

飯山仏壇(飯山市)

約450年前の川中島合戦の際、武具や刀剣類の修理のために越後から信濃町に移住してきた鍛冶職人から里人が技術を習ったのが信州打刃物のはじまりといわれています。その技は農具や山林用具作りに生かされ、改良を加えながら伝承されました。信州打刃物の特徴は、鋼(ハガネ)部分が極めて薄く、切れ味がよく、使いやすくて耐久性に優れている点です。草が根元から刈れ、しかも刈り取った草が手元へ寄せられてくる効果をねらった「芝付け」加工や、刃を薄くしても手元が狂わないよう刃面を内側に湾曲させる「つり」加工など、独特の工夫もなされています。

飯山仏壇

あけびつる細工(野沢温泉村)

江戸時代から背負いかごや花かごなどの生活必需品として作られ、大正時代には旅行用バスケットとして広く親しまれてきた野沢温泉村のあけびつる細工。材料となる「あけびつる」は毎年10月から11月に奥信濃の山地から採取し、手入れをしてから編む篭の種類によってつるを選別して、村内の源泉・麻釜(おがま)に浸して柔らかくしてから編まれます。このあけびつる細工のなかでも、鳩に車輪が付いた可愛らしい玩具「鳩車」は全国的に有名。つるつるとしていて手触りもよく、軽くて丈夫で年月を経ると独特の艶が出てきます。昭和59年には県の伝統工芸品に指定されました。

あけびつる細工

秋山木鉢(栄村)

江戸時代末期頃から栄村・秋山郷で生産されてきた県の伝統工芸品。地元で算出される栃の大径木を用いて、何種類もの手斧や刃物を使い分けて手彫りで作られた木鉢(こね鉢)で、50cmを超えるものも生産されています。日用品としてそばやうどん、あるいは栄村特産品の「あんぼ」を練るときに使われており、内側には粉が貼り付かないようにタテ状の細かい目が刻まれています。なお、今は栃の古木の入手が難しく、技の継承者も和合地区に残る一人となってしまったため、大変貴重なものとして、全国の料理人から注文が寄せられています。

秋山木鉢

須賀川竹細工(山ノ内町)

志賀高原に自生する「根曲り竹」を使用した実用的な竹細工。「日本民芸館賞」に選ばれ、長野県伝統的工芸品にも指定されています。山ノ内町須賀川地区で江戸時代から作られ、ざるや魚籠(びく)、かごなど、生活のあらゆる場面で使われてきました。「根曲り竹」とは信越自然郷の山地に群生する細い竹で、その名の通り根元が曲っているのが特徴。竹は背が低い竹薮をかき分けながら手作業で刈り取り、1本を手作業で4つに割って竹の角の部分を取る「面取り」を行い、逆さ八の字に組んだ2本の小刀に竹をはさんで引いて編み上げます。町内では公民館活動によって、約30年前からこの技法が復活しています。

須賀川竹細工

なかの土びな(中野市)

中野市に伝わる郷土玩具・中野土人形は、古くから「土びな」とよばれて親しまれてきました。この中野土人形には2つの系統があり、江戸時代末期から継承される奈良家制作の人形は伏見人形を原型としたものが多く、主に縁起物や風俗物が作られています。一方、西原家で制作されている立ヶ花人形は、明治時代に三河の瓦職人の指導により創始され、歌舞伎を題材とした人形を中心に制作されています。このように同一地域で2系統の土人形があり、昔ながらの伝統技法で今も制作されているのは全国にも珍しいとされています。

秋山木鉢

長年にわたって磨きあげられた伝統工芸品の技と美

時代の変化のなかで磨かれ、伝えられた伝統工芸品の技術や技法は、信越自然郷の宝です。そうした匠の技は、今なお地域の職人たちによって守り伝えられています。

内山紙

豪雪地で生まれる
高品質な手漉き和紙

原料のコウゾとはクワ科の植物で、成長が早く毎年収穫できます。毎年11月下旬、専用に栽培したコウゾを刈り取って結束し、大釜で蒸し煮して熱いうちに皮をはぎます(「かずはぎ」)。その皮を6~7枚ずつ束ねて軒下に干して乾燥させ、1月頃の寒い時期に水に浸けてから一晩外に出して凍らせ、浮いてきた表皮(黒皮)を「おかき」という道具でこそげ取ります(「しかわ取り」)。そして、きれいにした皮を1~2月の天気のよい日に、積もった雪の上に皮を並べると、太陽の紫外線と雪が融ける際に発生するオゾンによって、昆布のような色をした皮が5~6日で白くなります(「雪さらし」)。この漂白された皮をアルカリ剤が入った釜で4時間ほど煮て水にさらし、残った黒皮やチリを流水の中で取り除きます(「ふしひろい」)。柔らかくなった皮を打解機で叩いて繊維をほぐし、漉き舟(すきふね)とよばれる水槽に入れて、ネリ(トロロアオイの根からとった粘液)を加えて撹拌すると、溶解された白液ができます。この液を、桁(けた)に簀(す)をはめた器具ですくい取り、均一の厚さになるように余分な水分を振り落とす作業を何回も繰り返します(「紙漉き」)。漉いた紙は紙床(しと)に積み重ね、24時間以上かけてジャッキで搾ります(「圧搾」)。搾った紙床は、ネリの成分によってきれいに1枚ずつはがすことができるので、温水で温めたステンレス板に1枚ずつはりつけて乾燥させます。

障子紙や筆墨紙をはじめ、さまざまな用途で活躍

このように、内山紙の最大の特徴は、豪雪地の風土を生かし「雪さらし」という技法で繊維を漂白することにあります。薬品を使わないので、ふっくらとしなやかで、強靭な和紙が生まれるのです。この内山紙は風雪に耐える丈夫さがあり、障子紙にすると太陽光線をよく通して部屋を明るくするほか、優れた特色から筆墨紙としても秀でているとされ、近年は文房具ややさしい灯りの和紙照明などにも使用されています。

内山紙
  • コウゾ
    黒皮をはぎ取ったコウゾを軒先に干している風景は、かつては奥信濃の冬の風物詩でした。この昆布のようなコウゾが、雪さらしによって漂白されます。
  • コウゾ
    井戸水にほぐしたコウゾを入れ、ネリを加えて撹拌します。写真のコウゾは紫に染色されています。
  • 紙床
    手で漉いたあとに時間をかけて圧搾した紙床は、1枚ずつはがして温水で温められたステンレス板に貼り、乾かします。
信州打刃物

およそ450年の歴史を
持つ信州打刃物

信濃町は南北に北国街道が通っていて海陸の交通筋にあたることから、出雲や伯耆から直江津の港に船便で運ばれた鎌の原料である鉄や鋼(ハガネ)等が比較的安い運賃で入手でき、川中島合戦の際に越後の刀鍛冶職人によってこの地に鍛造の刃物作りが根付きました。また、信州打刃物の特色である薄刃を鍛え上げるためにはやわらかい松炭(かじ炭)が必要ですが、その製造に欠かせない松林がこの地に多く存在していたのも、刃物作りに適していたといわれています。そして、販売面でも街道筋であることが有利に働き、各地を渡り歩く行商人によってその名を全国に広げていきました。信州打刃物にはさまざまな製品がありますが、特に有名なのが「信州鎌」です。ほかの産地の鎌に比べて鎌身の幅が広くて大きいので、ずっしりとした重量感がありますが、手にとってみると丹念に打たれた薄刃によって意外と軽いのが特徴。そして「かみそり鎌」と呼ばれるほど切れ味がよく、使いやすさや耐久性に優れています。

多くの製造工程を経てでき上がる「信州鎌」

「信州鎌」の製法は、江戸時代には使いやすさを追求して独自の加工技術が確立されていました。まずは、鋼と地鉄を接合する「じぎり」を行います(ただし、近年では、鋼と鉄が鍛接された「利器材(複合材)」を利用することが多くなっています)。次に、柄に差し込む部分を曲げる「コミ曲げ」を行い、コミ曲げした部分を広げる「腰出し(こしだし)」を行います。続いて、打ち広げて形を作る「広げ」を行い、刃を整えて不要部分をバイブレーターでカットする「刀たて」と、柄に差し込む部分を整える「コミつけ」を行い、商標と品質表示の刻印を打つ「刻印打ち」を行います。刃を薄くしても手元が狂わないよう刃面を内側に湾曲させる「つり」や、草が根元から刈れ、刈った草が手元へ寄せられてくる効果をねらった「芝付け」を付し、砥石で鋼部分を研いだら、土を塗って780~880度に熱した液状化の鉛で加熱し、水槽で冷やす「焼入れ」を行います。これにより、鋼に粘さと硬さが生まれます。さらに研磨し、羽布(ばふ)で磨いてツヤを出してニスを塗ってサビ止めをしたら完成です。一人前の職人になるには、10年も20年もかかるといわれています。

信州鎌

特色を生かし、 多くの農機具や包丁が誕生

信州打刃物は、このように1枚1枚手打ちで鍛え上げられているので、大量生産は行われていない分、小回りが利き、鎌だけでなくさまざまな鍬や包丁など製品が生まれてきました。昭和57(1982)年には伝統的工芸品に指定され、現在、信州鎌の職人・問屋が組織する唯一の法人・信州打刃物工業協同組合には17名の組合員(うち、3人は伝統工芸士)が所属しています。

農機具や包丁
  • 「広げ」の作業
    おおよその鎌の形を作る「広げ」の作業。窯で熱して台に乗せ、槌で均一の厚さになるように叩きます。作る刀に合わせて台や槌も取り替えます。
  • 職人の刻印
    1つ1つの信州打刃物には職人の刻印がつけられていますが、その質の高さから偽物の刻印が出回るほどの評判を得ています。
  • 信州鎌
    信州鎌は、鎌身とコミ(柄をはめ込む部分)に角度がつけられた「芝付け」や、刃面を内側に湾曲させる「つり」などの構造が見られ、片刃型で薄くて軽量でよく切れるのが特徴。
「猫つぐら」

豪雪地帯の冬仕事として
発展した「猫つぐら」

かつて7.85mもの積雪を記録した日本有数の豪雪地帯である栄村では、冬場に行える労働として囲炉裏端での手工芸が盛んになりました。当初は竹やあけびのつるでカゴなどを作っていましたが、明治時代に稲作が始まると、ワラジやワラ靴など、稲わらを素材にしたものが作られるようになります。そのひとつが、農作業や家事の際に乳飲み子を寝かせておくお椀型の「ゆりかご」である「つぐら」です。この「つぐら」は、かつては木製でしたが、時代とともに柔らかさと保湿性に優れたわら細工に変わりました。それを改良したものが、猫のための「猫つぐら」です。

下準備から手間をかけ、一目ずつ力強く編み上げる

秋に収穫した稲は汚れないように天日干しし、籾が乾燥してからスベ(稲わらの表皮)を取り除きます(「稲わらすぐり」)。次に稲わらを50~60cmに切りそろえ、1把ずつ叩いて柔らかくします。下準備から根気がいる大変な作業です。
手編みの作業は、指先で強力にワラを締めて作ります。底部分は中心部から渦巻き状に外に向かって編み進め、次に縁を積み重ねるように編み、猫の出入り口部分は三つ編みで仕上げます。天井部分は中心に向かって編み上げ、一番上で塞いだら完成。ひとつを編み上げるには、約20把のワラを使って5~6日を要するといわれています。細かい作り方は職人によってさまざまですが、熟練した手技から生み出される緻密で力強い編み目と素朴な味わいは、ペットハウスだけでなくインテリアとしても人気があるため、現在では全国から注文が寄せられています。

一目ずつ力強く編み上げる

村をあげて復活を図る猫つぐら作り

時代の流れとともに一度は下火となった猫つぐら作りですが、昭和63(1988)年頃に村の有志が集って復活を遂げました。復活当時は50人ほどいた職人も、いまでは15人ほどに減ってしまったそうですが、最近では村内で講習会を開催し、下準備から編み上げの作業まで職人に習って伝統を残す取り組みに励んでいます。

猫つぐら作り
  • 槌
    乾燥した稲わらを切りそろえ、石と槌で1把ずつ叩いて柔らかくします。地道で労力を使う作業です。
  • 編み上げ
    わらを編む際には、ハンガーなどの針金で作った独自の器具を使って細かく編み上げていきます。
  • 講習会
    栄村では、職人から猫つぐら作りを習う講習会を開催し、伝統工芸を残す取り組みを行っています。

伝統工芸品を扱う施設の紹介

信越自然郷に残る伝統工芸を保存・伝承するために、各市町村に観光客や子どもたちに向けた見学・体験施設が整っています。

内山紙
内山手すき和紙体験の家
下高井郡木島平村穂高1143-3
TEL.0269-82-4151

詳しくはこちら

阿部製紙
飯山市大字瑞穂4894
TEL.0269-65-2594

詳しくはこちら

飯山手すき和紙体験工房
飯山市大字飯山1439-1
TEL.0269-67-2794

詳しくはこちら

信州打刃物
信州打刃物工業協同組合
上水内郡信濃町富濃1610
TEL.026-255-6391
(ショッピング関係はTEL.026-255-2401)

詳しくはこちら

猫つぐら
森宮野原駅交流館ふきのとう
下水内郡栄村北信3585-2
TEL.0269-87-3311
飯山仏壇
飯山市伝統産業会館
(飯山仏壇事業協同組合)
飯山市飯山1436-1
TEL.0269-62-4026

詳しくはこちら

あけびつる細工
長野県あけび蔓工芸組合
下高井郡野沢温泉村豊郷6877
TEL.0269-85-2521

詳しくはこちら

秋山木鉢
(有)栄村物産センター
(栄村物産館またたび)
下水内郡栄村北信3746-1
TEL.0269-87-3181

詳しくはこちら

なかの土びな
日本土人形資料館
中野市中野1150
TEL.0269-26-0730

詳しくはこちら

須賀川竹細工
須賀川竹細工振興会
下高井郡山ノ内町夜間瀬7271-4
TEL.0269-33-7273

詳しくはこちら


ページトップ